読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラムの事とか

お約束ですが「掲載内容は私個人の見解です」

WPFのItemsControl.ItemTemplateでリストの一つ前を参照する

f:id:puni-o:20161115164946j:plain

WPFのItemsControlはすごく強力だとおもいますよね

ItemsControl.ItemsSourceにリストをバインドして、ItemTemplateで中身を定義すると自由なリストが簡単に作れるので一度使うと癖になります

簡単な例だとこんな感じ

<ItemsControl ItemsSource="{Binding Numbers}">
    <ItemsControl.ItemTemplate>
        <DataTemplate>
            <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="5">
                <TextBlock Text="{Binding}"/>
            </StackPanel>
        </DataTemplate>
    </ItemsControl.ItemTemplate>
</ItemsControl>

Numbersはランダムな10個の数値リストです

実行結果はランダムな数値が縦に10個並ぶだけなので割愛

普段はこんな感じでお手軽に使えますがごくごくごく偶にアイテムの前の値が欲しい時があります(主にデータ設計に問題がある時ですかねぇ)

そんな時は

{Binding RelativeSource={RelativeSource PreviousData}}

で見ることができるんですね、今日知りました

先ほどのサンプルを更新すると

<ItemsControl Grid.Column="1" ItemsSource="{Binding Numbers}">
    <ItemsControl.ItemTemplate>
        <DataTemplate>
            <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="5">
                <TextBlock Text="{Binding RelativeSource={RelativeSource PreviousData}}"/>
                <TextBlock Text=" -> "/>
                <TextBlock Text="{Binding}"/>
            </StackPanel>
        </DataTemplate>
    </ItemsControl.ItemTemplate>
</ItemsControl>

前の値(リストの一つ上の項目)から今回の値に変わったよ、的な表示をしています

実行結果は

f:id:puni-o:20161115165310p:plain

左側は初めに書いたもにで、右が更新後です

こんなことも簡単にできるんですねー

WPFつよい